SSブログ

小学校で小3から英語学習 [教育]

今後、中央教育審議会などでの検討を経て学習指導要領を改訂。18年度から段階的に先行実施し、20年度から全面実施する。
※※※

現在は小学校5年生から英語学習がスタートしています。
沼津市では言語教育特区として、言語科、国際理解教育としての外国語の授業が小学1年から行われており、議会でもその効果の是非が幾度となく問われています。

特に外国語(英語)の授業は、カードやゲームといった遊び中心で英語の語学習得には程遠いといった意見もあり、また、ALT(非常勤の外国人英語講師)に掛かる予算が大きすぎると批判されることもあります。

一方、外国の人や外国語に対する興味関心を育て、それらと違和感なく接することができるようになる、まずは英語を好きになることが大切で中学以降の英語学習に効果が期待できる。といった意見もあります。

私は、小6から大学生までの方々を対象に、ニュージーランドでの語学留学を主宰していた経験があり、現在もNPOを設立し、細々とですが海外留学を企画・実施しております。
その経験から感じるものは、ますます進むグローバル社会の中で生きていくためには英語力は絶対必要であるものの、現在の小学校の指導体制では、正しい指導・評価共に力量不足だし、そもそも学んで面白いと感じる授業ができないということです。まずは国産(日本人という意味ではありませんよ)の指導者を作らないと!

特に発音や言語としての理論を学んでいない方々からの英語習得は苦痛以外の何物でもないのです。経験のある方にはお分かりと思いますが、教える先生によっては英語の学習がどんなに面白くて易しいと感じることか。

また、実際の留学者数(3万8千)も年々減っており、韓国(13万8千)、中国(72万3千)に比べたらいかに若者が海外に目を向けていないかということもわかります。海外に意識あるものが覇気のあるものとは言いませんが、今の日本の自由と平等を謳歌する教育の中からは海外留学希望者は増える見込みはないと感じます。

諸々の意味から英語教育に対する改革は遅すぎますが手を付けなくてはなりません。

放課後子ども教室in大岡南小 [教育]

大岡南小の放課後子ども教室、今年もいつの間にか折り返し地点を過ぎ、ボランティアさんの動きも板についてきてホッとしています。

今日はタマネギの苗を植えました。

KIMG0197.JPG

収穫まで半年かかるのですが、一本ずつ植えては土をかぶせる作業は、今ではなかなか味わうことすらできません。

当然、畑の作業に関わった人から順に収穫されたタマネギは割り当てられます。

今学期の最後の日(12月13日 金)にはクイズラリーも企画されています。

皆さんの楽しい笑顔、元気な姿に出会えるのが毎回楽しみです!

沼津・宇宙の学校 [教育]

が少年自然の家で開催されました。
前回の第三回が台風で順延されていましたので、今回は第三回と第四回を合わせて実施しました。

ポンポン船を走らせてみよう!

KIMG0161.JPG

スポイトロケットを飛ばそう!

KIMG0165.JPG

カエデの標本作り♪

そして、彗星の探査。

いつものようにJAXAの先生がわかりやすくプロジェクターを使って説明。親子で見よう見まねで楽しく工作、実験することができました。

内容がいつもの二倍ですのでスケジュールが大変でしたけどなんとか終了。

次回は2月2日です。

大岡南小PTA 家庭教育学級 ~不思議な理科実験~  [教育]

実験教室、久しぶりに大岡南小の家庭教育学級で実施しました。

手品みたいな不思議な実験と、紫キャベツを使った酸・アルカリの実験と、ドライアイスを使った実験と。

KIMG0638.JPG

あっという間の90分でした。

紫キャベツ液にそれぞれ溶液を入れて色の反応を見ました。

結構きれいに反応が出ましたね。

小2~小6までの参加者でしたから、話しかけ方が難しかったのですが、皆さんの表情が楽しそうだったから、きっと喜んでもらえていたのでしょう。

ドライアイスを使った実験はいくつかのバージョンがあり、結構歓声が上がってました。

かなり時間を短縮したのですが、それでも予定の時間をオーバーしてしまいました。

先ずは 「理科の実験が楽しい」 という気持ちを持ってほしいと思います。

そして、 「身の回りには不思議な現象がいっぱい潜んでいる」 ということに気付いて欲しいと思います。

研修委員のお母さん方、忙しい思いをさせてしまいましたが、とてもスムーズに運営できました。

お疲れさまでした & ありがとうございました !

沼津・宇宙の学校申込始まりました! [教育]

今年度の『沼津・宇宙の学校』の参加者募集が始まりました。

今年で二年目。

NPO法人KU-MA(子ども・宇宙・未来の会)と連携し、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の関係者等の方々の授業を受けることができます。

物理分野を中心に簡単な理科実験と先生のお話とで一年間、子供たちの「科学する心」を育てていきます。

まだ若干名の空きはあるようなので、こちらからお申し込みください。

http://asobipanumazu.web.fc2.com/ucyu.html

僕は今年も校長先生をやります(^.^)/

警視庁掲示板への「襲撃予告」 [教育]

が掲載されたとの情報がありました。

もうネットやテレビで流れています。

昨日の深夜に沼津市当局よりFAXが届き、下記のような「書きこみ」があったため学校の警備、卒業式時の警備の強化等の対応方針をとる旨が書かれていました。

掲載された内容は

『明日の午前中我々の仲間たちが静岡県沼津市NH高校とK中学、静岡市のSS高校、神奈川県相模原市のMK高校に猟銃とナイフで完全武装してお邪魔します。そして誰一人いない』

『明日の午前中我々の仲間たちが静岡県沼津市のNH高校とNC中学、静岡市のSS高校、神奈川県相模原市のKG高校に猟銃とサバイバルナイフなど完全武装してお邪魔します。いくら取り締まっても無駄です。』


小中学校は午後1時集合。給食食べて一つか二つの授業を受けて帰ってきます。

ウチには小学生と中学生の子供が3人いますから午前中自宅待機の対応をしなければなりません。

「放課後児童クラブ」と「放課後子ども教室」も中止。

親が仕事をしていて子供の対応ができない家庭は大変でしょうね。

長男はなぜか「昼休みが無くなった」ことを嘆いていました。

迷惑な話ですが、現場で対応をしている方々はもっと大変なのでしょうね。

第5回 沼津・宇宙の学校 ホバークラフト作り in沼津少年自然の家 [教育]

が行われました。

24年度の5回のスクーリングもこれで終わり。最終回です。

DSCN3892.JPG

今日はみっちり二時間かけて「ホバークラフト作り」です。

浮揚用プロペラと推進用プロペラを、ビニール袋とカラーボードとカップで作った本体に取り付けていくのですが、この作業が大変!

DSCN3853.JPG

親子で一生懸命作っていただきました。

出来上がってからの試走は体育室に移って。

グループごとに「よーいドン!」

DSCN3875.JPG

最後は親御さんにもやっていただきました。

DSCN3878.JPG

今回はマブチモーターさんにご協力いただき、また、年間の運営に沼津香陵ライオンズクラブさんのご協賛もいただきました。

静岡新聞さんは今年度何度か取材していただきましたし、今日はテレビ静岡さんが取材してくださり、夕方のニュースでちゃんと放映してくださいました。

みなさん本当にありがとうございました。

次回は2月3日に修了証書授与式とJAXAの日本のロケットの生みの親、的川先生の講演会を長泉町のベルフォーレで行います。

また、25年度の宇宙の学校の生徒募集は広報沼津で4月に行います。

即日で満員になりますので、みなさんよろしくお願いしま~す。 (@^^)/~~~

第4回 沼津・宇宙の学校  ~海の色はなぜ青い~ [教育]

NPO法人あそびPaぬまづ主催による 『第4回 沼津・宇宙の学校』 が実施されました。
前日の雨とうって変わって、素晴らしい天気!

少年自然の家を舞台に繰り広げられるこの宇宙の学校は天気にも毎回恵まれています。

今回は 『光』 と 『揚力』 がテーマです。

特に 『光』 の実験では、光の三原色を子どもたちに意識させ、赤・青・緑の三色が集まると白くなる、というところからじっくり学ぶことができました。

121118-013.jpg

赤い魚やエビ、カニの類が海の底では何色に見えるか、とかサバやイワシのような魚の魚体の色の理由などが解説に加わり、大人も聞いていて勉強になりました。

特に虹を作る段にいたっては、水槽の水を通してできる虹を見て、どの保護者も皆、「子どもの顔、目の輝き」になっていましたよ!

次は1月20日(日) いよいよホバークラフトを作ります!


春休みニュージーランド短期留学募集開始! [教育]

7月に設立したNPO法人国際教育サポーター協会で実施する

2013 春休み ニュージーランド 語学研修
ハロー!ニュージー 2013
~ホームステイと語学研修。大自然がいっぱいのニュージーランドを体験しよう~

いよいよ募集要項が出来上がりました。

初めてNZに行ったのが8年前。それから毎年、短期、長期の留学生を送り続けています。

帰ってきた子どもたちの影響と成長を確認するのが嬉しくて毎年実施しています。

地元の子どもたちの成長を応援します。

以下ご覧ください。

※※※

日本で暮らしていても学校や職場、またご近所でも海外の文化や人々と接する機会が増えてきました。国際社会の様相をますます感じる昨今、私たちNPO法人国際教育サポーター協会は、国際的な視野をもつ人材育成を目指し、海外留学や諸外国との文化交流・国際ボランティア等の支援活動を行います。

<実施期間>  日程 3月20日(水)から 4月1日(月)の13日間

<対象> 小学6年生以上 社会人の方まで対応できます

<ホームステイエリア> ハミルトンもしくはモリンズビル

<語学学校>ECNイングリシュアカデミー(ハミルトン市中心にあります)

<現地コーディネーター> 笹沼氏  (永住権取得後13年在住)

<引率> NPO法人 国際教育サポーター協会 スタッフ

<料金> 298,000円(消費税込)
日本国内の交通費及び海外旅行保険代金は含みません 
     自由時間以外の食費はすべて含まれています

<申し込み期限> 平成25年1月25日(金)
     但し、航空機の予約状況で事前に締め切る場合もあります


<主なスケジュール>
3月20日(水) 成田空港発 台北経由
21日(木) オークランド着オリエンテーション、各ホストファミリー宅へ
22日(金) オリエンテーション、学校見学、各ホストファミリー宅へ
23日(土) ホストファミリー交流会(BBQ)
24日(日) ホストファミリーと
25日~28日 語学学校
29日~30日 ロトルア・ワイカト観光
31日(土) オークランド発 台北経由
4月1日(月) 成田空港着 

当NPOの理事長を務めています。お問い合わせは、

takahashi_tatsuya@jg7.so-net.ne.jp  

までどうぞ。

野辺山国立天文台に行ってきました。 [教育]

縁あって、長野県野辺山の国立天文台の見学に行ってきました。
1400メートルの高地にあって水蒸気が薄いという好条件に恵まれたここ野辺山には、日本の天文学の粋を集めた電波望遠鏡が鎮座しています。

78681329[1].jpg

何億光年も彼方の宇宙をじっと見つめる直径45メートルのパラボラアンテナ。目の前で見ると凄いです。
村の中を車で走っていても遠方から森の中に突如として現れるその姿は、八ヶ岳周辺の緑と、青い空とのコントラストでとってもきれいです。

光学望遠鏡と違い電波望遠鏡は宇宙の「チリ」の向こう側も電波で見ることができ、宇宙の誕生のメカニズムをはじめ様々な最先端の研究に役立っています。

その研究に携わるのは若手の研究者。

澄んだ空気の中で、美味しい高原野菜や信州牛をいただき、物理学や天文学の奥深さをじっくり学ぶことができました。

次回は地元の子どもたちを連れてきたいと思います。

http://www.nro.nao.ac.jp/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。